地盤の状況の確認

地盤によって災害のリスクが変わる

地盤によって自然災害に見舞われるリスクは変わります。いわゆる地盤が緩い地域は、土砂崩れの危険性が増します。台風が街全体を直撃した時、比較的被害が少ない場所と甚大な被害に見舞われる場所に分かれます。特に山岳部の方で地盤が緩い場所は、台風直撃によって山の斜面や麓の土地が崩れやすいです。一度土砂崩れの被害に遭遇すると、自宅やオフィスは甚大な人的被害と経済的被害を負います。激しく山から滑り落ちて来る岩や折れた樹木、さらに大量の土砂など、こういった物を完璧に防御する設備はありません。土地探しをする上で、地盤の確認は最優先課題とも言っても差し支えないはないでしょう。地盤が弱く土砂崩れのリスクが歴史的に高い場所はたとえ安価でも、購入を見送りした方が安全対策上、正解です。

水分が多い地盤や強度が低い地盤

水分を多く含む土壌の場所は、いわゆる湿気が多い土地になります。マイホームやオフィスを建てた後、季節にかかわらず高い湿度に悩まされる可能性が出てきます。湿気が多い場所に建築物を建てる際は、湿度に強い木材や工法を採用しなければなりません。いわゆる高床式のマイホームやオフィスにする必要があり、一階部分はオープンスペースにし、二階を居住空間や事務所の空間にするスタイルになります。また地盤の強度が元々弱い土地の場合、高い建物を建築する事が困難です。高層マンションや大型商業施設の建設には不利であり、ビジネスで大規模なビルやお店の建設を予定している方々は、地盤の弱い地域は避け、高層建築に合う地盤や地質の場所を調査で探さなければいけません。